薬剤師とモニタリング

Posted by admin - 11月 11th, 2011

薬剤師は、業務を行って行く際に様々な事をモニターする事がありますが、例えば病院などに勤めている薬剤師が患者の服薬状況において、どの様に薬剤の投与を変えて行けば良いかなどをモニタリングするのです。

人間の身体とは、皆が同じ構造をしている訳ではありませんし、体系一つとっても千差万別です。

さらには、外見と健康状態が一致するとも限らず、いかにも健康体に見えても実は病弱だという事もざらですし、その人によって薬剤の使用法を変化させていかなければならないのです。

効果が弱い薬剤ならばそこまでの変化はないのですが、効果が強い薬剤程に副作用なども大きくなりますし、抗ガン剤などの人によって効き目が違ってくる薬剤なども、薬剤師はモニタリングしながら薬剤の濃度を変化させたりもするのです。

そして、薬剤師の仕事の中には臨床試験を行っている被験者に対してもモニタリングを行います。

臨床試験とは、新薬を販売する過程や、販売した後でも、新薬の効き目や副作用などを、人間を使って試験する事であり、臨床試験の前には十分に安全性を確認していますが、万が一の事がない様に被験者にモニタリングを行いながら、臨床試験を進めて行くのです。

知って得する薬剤師転職の話

薬剤師を一生の仕事として続けていく為に

Posted by admin - 11月 2nd, 2011

一生の仕事として続けていくに、薬剤師は相応しい職業であるとも言えます。

先にも触れたように薬剤師は国家資格です。

従って薬剤師には薬剤師の国家試験が有ります。

薬剤師になるためには、当然この薬剤師国家試験に合格しなければなりません。

大学で六年間勉強してから、この薬剤師国家試験に臨むことになります。

薬剤師国家試験には、どのような人が参加できるのでしょうか。

どのような人が薬剤師国家試験の受験資格を得られるのでしょうか。

この国家試験の受験資格ですが、それは薬剤師法という法律によって定められています。

ですが、以前は薬剤師法では、「四年制の大学において薬学に関する正規の課程を卒業した人」、と規定されていました。

数年前、国会に於て「学校教育法改正案」及び「薬剤師法改正案」が可決・成立しました。

その結果2006年度の入学生からは、薬剤師教育の修業年限は原則六年間となっています。

これは医師国家試験と医学部の関係によく似ている、と言っても良いでしょう。

元々医師を目指す人は医科大学や大学の医学部で六年間学ぶ必要が有りましたが、薬剤師も医師と同じように、薬科大学や大学の薬学部で六年間学ぶことが求められるようになりました。