おせち料理は縁起がいいそうです

Posted by admin - 12月 3rd, 2012

おせち料理の料理にはちゃんとそれぞれに意味があるのだそうです。

例えばよく数の子などを入れると思いますが、これは子孫反映などの意味を持っているのだそうです。

そしてこぶじめなどもあると思いますが、「よろこんぶ」から喜ぶという意味をこめているのだそうです。

そして他にも紅白なますもありますが、こちらも紅白によって縁起のよさを表現しているそうです。

お正月というのが一年の始まりのときですのでこのときに縁起のいいものを食べておく事によって一年の幸せを願うという意味もあるのではと思います。

縁起のいいものだと思いながら食べてください。

現代のおせちは洋風の料理が入っていることがあり、これは喜びの意味があまり含まれていないように思いますが、おせち業者によってそれにもちゃんと意味を付けていることもあるのだそうです。

結構無理やりな意味付けもあるように思いますが、ありがたくおいしく食べられるのならいいと思います。

この習慣はのこしていきたいです。

伝統文化のおせち料理

Comments are closed.

Blog Home