星座占い

皆さんは星座占いを知っているかと思います。

星座占いは一般に星占いと呼ばれることも多くなっています。

この星座占い、若しくは星占いは元々は西洋占星術を簡略化した占いの一種です。

ちなみにここでいう「星座」とは所謂占星術の「宮」(サイン)のことを指し、従って現在の夜空の星を言う星座とは異なる概念となっています。

ここでは電話占いサイト白書でも言及されている星座占いについて紹介します。

先に紹介したように、星座占いは現在の日本で最も数多く見られる占いの一つで、私達にもすっかりお馴染みになっています。

ですが十二の星座にはどんなものがあって、例えば誕生日が何月何日だったら何座に属するか、等は皆さんもよく知っていたとしても、そもそも星座のルーツが何処から来ているのか、星座占いとは何なのかについて詳しく知っている人はそれほど多くないことでしょう。

ここではそんな知っているようで知らない星座占いについて紹介します。

そもそも星座占いとは、人の誕生時に太陽が十二宮のどの宮(サイン)に位置したかによって、その人物の性格や相性、及び運命等を占うものです。

ちなみに太陽暦であるグレゴリオ暦では、誕生日さえ判れば太陽の位置も判るようになっているため、それ故簡便な占いとして、急速に普及したと言われています。

卜(ぼく)

人が関わりあう事柄(事件)を占うものです。

卜が用いられるのは、例えば何かを決断するときなどに使う事が多くなっています。

卜(ぼく)によってあることを定めることを「卜定(ぼくじょう)」と称されます。

これは時間や事象、方位等を基本にして占います。

占う事象を占いをする時期、出た内容等とシンクロニシティさせて観ます。

シンクロニシティとは馴染みのない言葉かもしれませんが、共時性という意味です。

従ってある意味、偶然性や気運を利用する占いだとも言えます。

わかりやすい例としては、一輪の花を手にとってそれから花びらを一枚一枚摘んで「好き・嫌い」を判断する恋愛占い、花占いと呼ばれるものがあります。

これなどは私達の誰もが幼いときにしたことのある、非常に簡単で馴染み深い占いであると言えます。

ちなみに「卜」の文字は、亀甲占いの割れ目を意味する象形文字を原形としています。

また占の文字も同じ系列に属します。

以下これに属する占いを紹介します。

周易、断易(五行易、卜易、鬼谷易)、梅花心易、六壬神課、奇門遁甲、太乙神数、皇極経世、ホラリー占星術、銭占(コイン占い)、ルーン占い、タ ロット占い、ジプシー占い、ダイス占術、水晶占い(スクライング)、ダウジング、六爻占術、御神籤(おみくじ)、阿弥陀籤(あみだくじ)、辻占い(辻占、 つじうら)、花びら占い、えんぴつ占い、ジオマンシーなどがあります。

Blog Home